スマホによるテザリングは回線速度が遅い

スマホによるテザリングは回線速度が遅い

スマホに,テザリン,回線速度

 

スマホのテザリングの速度が遅いのはなぜ?

 

スマホのテザリングを利用して、
ノートPCやタブレット、ゲームでインターネット接続をしてみたものの、
なぜか、速度が遅くなってしまう。

 

理由の1つとして、
そもそも、LTEなど高速回線が利用できない都市部でない地域だと、
スマホによるテザリングは回線速度が3G回線などになってしまい遅いので、
本来は速い動きの動画がコマ送りになったり、
ダウンロードの際に結構時間がかかってしまいます。

 

これはエリアによるものなので、テザリングだから遅いってわけじゃないので、
仕方ないですね。

 

通信速度が遅くなる原因は、ほとんどが「速度制限」!

 

テザリング速度が遅いもっとも多い原因は、
都市部で使っていたとしても、
単純に回線契約上のテザリングの速度規制がかかって、
ガクンと通信速度が遅くなってる場合が多いようです。

 

1ヶ月のデータ量が7Gバイトを超えた場合に、通信速度を送受信時最大128Kbpsに下げるというシステムです。
動画などの大容量データのダウンロードを繰り返すと、すぐに速度制限がかかってしまいます。

 

あとテザリングによってスマホの電池消耗が激しいですよね。
モバイル電源で充電するのも一つの方法かもしれませんが、
あまりこき使うと、バッテリーの寿命がどんどん短くなってしまいます。

 

やはりスマホのテザリングは限界があるというのが実情です。

 

ノートパソコンで何時間もインターネットを高速でつなぐ作業をするには、
スマホのテザリングでは残念ながら能力不足です。

 

一時的にちょっとだけ使うというくらいがいいところでしょう。
スマホにとってテザリングはオマケの機能と考えてあげるべきです。

 

ましてや、仕事で使うのであれば、
テザリングでモバイル通信なんてのは論外です。

 

スマホによるテザリングは回線速度が遅い

 

 

 

テザリング以外で、高速モバイル通信で最適なのは?

 

スマホのテザリングに限界を感じてる方の多くが、
専用のモバイル端末を導入しています。

 

主流はWIMAX(ワイマックス)とイーモバイルです。

 

しかしイーモバイルは、
スマホのテザリングと同じように、
一定の通信量に達すると速度制限されてしまいます。

 

一方、WIMAXは速度規制がなく、
エリア内であれば、24時間無制限で高速モバイル通信がつなぎ放題です。

 

WIMAXのエリアもどんどん充実してきて、
地下鉄の中でも通信できたりするほどです。

 

下り最大40Mbpsとなってますが、
実際は3〜10Mbpsくらいでしょう。

 

でも、これくらいの速度が出れば動画でも充分です。

 

さらに2013年末ころから高速のWiMAX 2+がスタートしてます。
なんと下り最大110MbpsでLTEを上回ってます。

 

キャンペーンで2年間は速度制限がないそうです。
これから始める方はWiMAX 2+がオススメです。

 

WiMAXを始めるのって面倒くさいくないの?

 

WiMAXは家電量販店の店頭で申込みできますが、
来店する時間のない方は、
インターネットから申込むのがオススメです。

 

しかも、インターネットからの申込み限定で、
各プロバイダーがデータ端末無料やキャッシュバックなどの
おトクなキャンペーン特典を用意しています。

 

プロバイダーにもよりますが、
申し込んで、3〜5日くらいで、
データ端末が届いて、すぐにWiMAXが使えるようになります。

 

設定などは、テザリングが使えてる方であれば、
全然問題ないはずです。

 

スマホのパケット料金も安くなる?

 

WiMAX端末があれば、
当然スマホもWI-FI接続できるので、
携帯会社のパケット定額を一番安いプランにすれば、
WiMAXを導入しても、トータルの通信費はそんなに高くなりません。

 

実際にパケット定額を最低のプランにして、
WiMAXで通信しているスマホユーザーは増えています。

 

自宅でもWiMAXの電波が充分に届いていれば、
光回線などの固定インターネット回線をやめることによって、
更に通信費は安くなります。

 

 

 

スマホに,テザリン,回線速度

 

★WiMAXを安く始めるオススメの方法は?